自分の世界を広げる経験をする為に必要な英語力を養う

ワーキングホリデー

ワーホリとは

ワーホリとはワーキング・ホリデーともいい、二国間の地域の取り決めに基づき、相手国の青少年に対して、自国の文化や生活様式を理解する機会を提供するために、その国において一定期間の休暇を過ごす活動とその滞在費を補うために就労を相互に認める制度です。 日本においては1980年にオーストラリアとの間でワーホリが開始されたのをきっかけに、現在では多くの国とのワーホリ制度を認めています。 特徴的なのはその、ワーホリビザです。これは若者限定の特別なビザであり、観光、留学、学生ビザとは異なっています。どこに滞在しても、どこを旅行しても、仕事をしてもいいという自由後が非常に高く、英語の勉強はしたいけれど留学は費用が高いとあきらめている人にとっては、留学の半額以下で、さらに現地で働きながら語学が学べる機会を得られます。 価格の目安としては、行く国やその国での就労による収入にも変わりますが、月12万の月収で、8か月間アルバイトをしながらワーホリを行うと、すべてを含めても100万で可能となります。通常に語学留学をすると8か月で300万以上はかかるため、非常に安い価格と言えます。

ワーホリ対策に乗り出した日本政府

日本政府は海外からのワーホリに対して歓迎する姿勢を崩していませんが、ワーホリの精度が悪用されていることを重く受け止めて特定の国の出身者に対しては厳しい取り締まりを実施することとなりました。 ワーホリというのは、30歳未満の成年に対して異文化体験や海外で働く経験をするための就労ビザよりはゆるいビザの制度を設けています。 そのような特殊な資格のもとで働いたり、語学学校へ通って語学を習得したり、旅行を楽しんでい分化を体験するなど様々な体験をすることが出来る制度です。しかしながら、最近ではワーホリを悪用して不法に働く若者が増えたことにより、特定の国の特定の性別に対してはビザの真性が却下されるという自体が相次いでいます。