自分の世界を広げる経験をする為に必要な英語力を養う

自然に英語が話せる

日本人が英語を苦手とする理由とは

世界的に見て、日本人は英語が苦手な国民と言われています。その理由について幾つか考えていきます。まず1つ目の理由は、文法の違いです。英語の文法は日本語と大きくかけ離れています。それ故、日本人にとって英語の成り立ちが掴みづらく感じるのです。2つ目の理由は、発音の違いです。発音が違うと、英語を上手く伝えることができないのと同時に、聞き取ることも難しくさせてしまうのです。3つ目の理由は、語源の違いです。例えば、英語と語源を同じくするヨーロッパ出身の人々にとって、英語の習得は比較的簡単だと言われます。語源が違うということは、言葉の成り立ちが違うため、英語の理解にある程度の努力を必要とさせます。これら3つの理由から、日本人が英語に苦手意識を抱いてしまうのです。

スピードラーニングで英語を学ぼう

日本人であれば、ほとんど全ての人が学校で数年間英語教育を受けます。しかし残念ながら、日本の学校教育だけで英語を完璧に使いこなせるようになった人は、ほぼいないのが現状です。多くの人は、英語を習得するために海外へ留学したり、英会話スクールへ通ったりして英語を学んでいます。ですが、こうした方法は家計に余裕があったりと、誰でも英語を勉強できる環境でない問題があります。 そこで、昨今雑誌やテレビコマーシャルなどで頻繁に目にする、新しい英語学習法が注目を集めているのです。それが、スピードラーニングです。スピードラーニングは、自然に無理なく英語が身に付くと多くの人に支持されているのです。沢山の人が苦手とする、文法や単語などを無理に暗記することなく、スピードラーニングだけで英語が理解できるようになると言われているのです。忙しい社会人や主婦の人も、勉強に時間を割くことなく、スピードラーニングを聞き流すだけで英語が学べる画期的な勉強法なのです。